関電SOSと他のホームセキュリティを比較してみよう!

ホームセキュリティで考慮すべき事項は?

ホームセキュリティを比較検討する際に、まず、考えるべき事は「何を優先させるのか?」です。

これらの方針によっても、選択するホームセキュリティ会社は異なるものになります。

また、一戸建ての住宅なのかマンションなのかでも、随分と違いがありますので、これも注意すべきです。


下記に、個別住宅の場合で比較表を作成しておりますので、ご活用下さい。
(マンションタイプの比較表については、コチラ⇒マンションタイプでのホームセキュリティ比較表

戸建て住宅の場合でのホームセキュリティ比較

下記は、一般的な戸建て住宅(4LDK)を想定した場合での金額です。

経済的な安さだけで言うと、関電SOSはリーズナブルではあります。
ただし、関電SOSは、火災やガス漏れセンサー等が、別途有料になっており、
トータルのセキュリティ面と費用対効果を考えるとALSOKがオススメです。

ALSOK(アルソック)
ALSOK(アルソック)

アルソックのホームセキュリティ

綜合警備保障が提供するホームセキュリティサービス。
初期費用ゼロのゼロスタートプランがあるのが大きな特徴。

防犯面でのセキュリティ環境では、業界NO1のセコムと比べても遜色なく、
料金面においても、かなり優れています。

管理人のオススメのホームセキュリティ会社です!

  >>アルソックのホームセキュリティ(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,150円初期費用:211,050円
レンタルプラン月額料金:6,048円初期費用:43,050円
ゼロスタートプラン月額料金:6,772円初期費用:0円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
非常ボタン×
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト
関電SOS(スタンダードコース)
関電SOS

関電SOSのホームセキュリティ

関西電力が提供するホームセキュリティサービス。
他の警備会社に比べ、比較的安価でリーズナブルなのが特徴。

しかし、窓の開閉センサーや非常時のフラッシュライトは、スタンダードプランには含まれていないので、防犯面においては他社より劣る感は否めない。

また、火災やガス漏れのセンサーなどもオプションで別途有料サービスになっている。

  >>関電SOSのホームセキュリティ(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,045円初期費用:278,250円
レンタルプラン月額料金:5,670円初期費用:81,900円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
別途有料 非常ボタン
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
別途有料 ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト
×
SECOM(セコム)
SECOM(セコム)

セコム・ホームセキュリティ資料請求

セコム株式会社が提供するホームセキュリティサービス。
業界No1の知名度かつ契約数もNo1!

料金面でもアルソックとほぼ同等で、付加サービスは非常に優れる。
セキュリティの質の高さを求めるのであれば、セコムに優る会社はありません。

  >>ホームセキュリティは、セコム。(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,000円初期費用:165,300円
レンタルプラン月額料金:4,600円初期費用:50,000円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
非常ボタン
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト

※その他、昭和シェル石油やCSK、九州電力などのホームセキュリティなどもありますが、
総じて、価格が割高になっているのと、サービスの面で上記の3社に比べると、やや見劣りすることなどから、
これらの会社については4位以下の順位とさせて頂きました。

オススメのセキュリティ会社は?

管理人が思うに、関電SOSは比較的、料金面でリーズナブルな値段なのが最大のメリットですが、
防犯面のスペックでは、関電SOSは、アルソックやセコムと比べてかなり劣るというのが、率直な感想です。

また、セコムとアルソックを比べると、防犯面のスペックはほぼ同等で、料金ではアルソックの方がやや安いです。
さらに、アルソックのゼロスタートプランの場合初期費用が0円なので、ケースによっては関電SOSよりも割安です。


したがって、料金面と防犯のバランスを考えると、管理人の一番のオススメは、アルソックという結論です^^


資料請求にかかる時間はわずか3分!
管理人もオススメのALSOKの申し込みは下記よりどうぞ


ALSOK:綜合警備保障

メニュー

リンク集