マンションタイプ:関電SOSと他のホームセキュリティを比較してみよう!

マンションタイプのホームセキュリティについて

特に、マンション最上階は、最も泥棒・空き巣に狙われやすいと言われています。
統計的にもマンションの最上階が最も狙われやすく、次に狙われやすい1階よりも2倍以上危険と言われています。


また、オートロックのあるマンションは防犯に有効と思われがちですが、実はそうではありません。
オートロックのマンションでも、空き巣被害も近年増えているのです。

ですので、マンションでのホームセキュリティも、一戸建てと同じように考えた方が良いでしょう。


ただ、ホームセキュリティの範囲として、一戸建ての場合よりも範囲が限られており、
費用面では、一戸建てよりもマンションタイプの方が割安価格になっているのが一般的です。

下記にマンションタイプにおけるホームセキュリティ比較をしておりますので、ご参考下さい。

マンションの場合でのホームセキュリティ比較

こちらも、戸建て住宅の場合と同様に、経済的な安さなら、関電SOSが有利ですが、
トータルのセキュリティ面と費用対効果を考えるなら、やはりALSOKがオススメです。

ALSOK(アルソック)
ALSOK(アルソック)

アルソックのホームセキュリティ

綜合警備保障が提供するホームセキュリティサービス。
初期費用ゼロのゼロスタートプランがあるのが大きな特徴。

防犯面でのセキュリティ環境では、業界NO1のセコムと比べても遜色なありません。
料金面においても、かなり優れています。

管理人のオススメのホームセキュリティ会社です!

  >>アルソックのホームセキュリティ(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,045円初期費用:142,170円
レンタルプラン月額料金:4,924円初期費用:33,600円
ゼロスタートプラン月額料金:5,491円初期費用:0円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
× 非常ボタン×
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト
関電SOS(スタンダードコース)
関電SOS

関電SOSのホームセキュリティ

関西電力が提供するホームセキュリティサービス。
他の警備会社に比べ、比較的安価でリーズナブルなのが特徴。

しかし、窓の開閉センサーや非常時のフラッシュライトは、スタンダードプランには含まれていないので、防犯面においては他社より劣る感は否めない。

また、火災やガス漏れのセンサーなどもオプションで別途有料サービスになっている。

  >>関電SOSのホームセキュリティ(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,045円初期費用:236,250円
レンタルプラン月額料金:5,670円初期費用:39,900円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
別途有料 非常ボタン
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
別途有料 ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト
×
SECOM(セコム)
SECOM(セコム)

セコム・ホームセキュリティ資料請求

セコム株式会社が提供するホームセキュリティサービス。
業界No1の知名度かつ契約数もNo1!

料金面でもアルソックとほぼ同等で、付加サービスは非常に優れる。
セキュリティの質の高さを求めるのであれば、セコムに優る会社はありません。

  >>ホームセキュリティは、セコム。(資料請求はこちら)
買取プラン月額料金:3,000円初期費用:165,300円
レンタルプラン月額料金:4,600円初期費用:50,000円
設置機器やサービス内容
警備員の
駆けつけ
空間
センサー
火災
センサー
非常ボタン
ホーム
コントローラー
窓開閉
センサー
ガス漏れ
センサー
別途有料 フラッシュ
ライト
×

オススメのセキュリティ会社は?

管理人が思うに、関電SOSは比較的、料金面でリーズナブルなのですが、
防犯面のスペックでは、他の二社よりは劣るというのが、率直な感想です。

また、セコムとアルソックでは、防犯面のスペックはほぼ同等です。
(アルソックのゼロスタートプランは、初期費用が0円なので、場合によっては関電SOSよりも割安です)


したがって、料金面と防犯のバランスを考えると、管理人の一番のオススメは、アルソックという結論です^^


資料請求にかかる時間はわずか3分!
管理人もオススメのALSOKの申し込みは下記よりどうぞ


ALSOK:綜合警備保障


メニュー

リンク集